技術書典3で「技術と法律」が完売しましたー!

f:id:mizutamaa:20171024004900j:plain

※4階立ち読み会場での弊誌。

 

とにもかくにもお買い上げありがとうございました!!!

それ以上の言葉はないのですが、知見を共有することで誰かのお役に立つかもしれないということをちらりと。

販売部数と経費

販売部数

技術書典会場:227冊(内、例の決済23件)
BOOTH通販:16冊

合計243冊

なお印刷部数は300冊です。販売していない分はいつもお世話になっている方への献本や執筆者に渡しています。

 

サークル一覧の被チェック数は68でした。

これは直前1週間くらいで伸びました。最初1桁しかなくて悲しいからFacebookでおともだちにぽちっとなしてしてお願いしました。たぶん当日も伸びたと思います。

f:id:mizutamaa:20171024082151j:plain


国立国会図書館特許庁図書館にも寄贈しますので、もしどうしても見たい!という方はこちらへぜひ。どなたでも見に行けます。

 

単価

1冊1000円
これはお会計が簡単なことと、わたくしが1000円という金額がちょうどいい数字だなと思っているところにあります。

1000円ってちょっといいお昼ごはん1回分くらいなんですよね。何かしらの知見を得るのにちょっといいお昼ごはん代もいただけないのならば考え直す必要があると思っています。何かしらのwebサービスの代金を考えるにも、1000円払ってもらえるかどうかというところを基準にしています。

それと事前に技術書典運営さんから「技術書典での販売数の平均は100冊」と聞いていたので、じゃあ会場販売数100冊と通販・委託販売(出来るのか?)100冊、執筆者配布と献本で100冊だとして、100冊売れてくれれば費用はペイできる金額はいくらかと計算したらだいたい1000円だったんですよね。

ただ100冊というのは執筆者とそのお友達を含む、ということを開催1週間前に聞き、血の気が引いたのは気のせい。

ちなみに種銭は3月にSmipsから平成28年度のオーガナイザーにもらえていたほんのちょこっとの謝金がベースです。

 

公式決済キャッシュレス

今のところ「例の決済」と呼ばれているあれです。アプリさくさく動くし、あれはいい。。。ちなみにわたくしPayPalUserGroupのオーガナイザーなので、キャッシュレスはやらねば、ましてやPayPal決済!ということで、ボロいandroidスマホ楽天モバイル限定のファーウェイhoner6plus)を引っ張り出しました。決済されるとプッシュが飛んでくるらしいのです(終わり際に運営さんとお話しして知る)。あとサークル名が長いので画面が崩れてました(そのうち直るらしい)。あの人数でもさくっと決済完了がきてすごいと思いました。

次回、技術書典にはPayPalがスポンサーすべきじゃないかと思いましたわ!

 

経費

印刷費:58800円
出展料:7000円
ポスター:2000円
郵送雑費:200円
イラストと本のデザインのお値段は言えません。。。というくらい応援していただいています。

 

内容について

今回は私を含め8人が今思う「技術と法律」についてB5で4ページほどという設定で技術者の方に向けて書いてくださいと依頼しました。もちろん何が得意分野の方かは把握しています。執筆陣のセレクトは足立さんがSmipsに引っ張り込んでくれた方もいますし、私からアプローチした人もいます。

結果としてはどなたが手に取ってくれても何かしらひっかかるところがあるという分野に分けることができてよかったなと思っています。今回寄稿してくださった方は二つ返事でいいよ~と言ってくれた面白いことが好きな人たちです。

私の「お金にまつわるリエンジニアリングへの期待」は平易な言葉であること、一次ソースにリンクすること、やってみようかなという期待感を持っていただけることを意識しました。カルチャースクールのようなライトさではなく、かといってアカデミアのような小難しさでもない、ちょうど間くらいの知的好奇心をそそられつつも知見が得られる幅のところが技術者の方は求めているんじゃないかなと思っています。

例えるならば、ゴリゴリにコードをかけなくてもいいけど、これをWordPressでやるならどれくらい時間がかかってどれくらい費用が掛かるのか、そもそもWordPressってなんじゃらほいが自ら説明できる、程度のところです。

ということを考えながらどれだけ風呂敷を広げつつも、一つの筋に仕上げるかで結局一番最後まで原稿悩んでました、遅くなってごめんなさい。

もし法律や制度に興味持ってもらえた時に何を見たり探したりしたら情報を取りに行くことができるのか、法律相談で時間1万円からとかまぁ普通ビビりますよ。なので、その一つの場所としてStudyCodeがなってくれればと思っています。”お互いに”勉強する場なので何かしら共有するつもりでご参加いただけると嬉しいです。

AIに仕事が奪われるだなんだって言ってっけどおまえらなんのAI使うつもりだ、クラウドとか言ってっけどどれくらい分散させるつもりなんだとか、技術の方々がニュースを見てうわーと感じることもあるでしょう。そういうスキマも埋めていきたいですね。

 

お客様

開場スタートダッシュで来ていただいた方もいたそうで、本当にありがとうございます。「そうだ」ってなんやねん、というのもわたくし母校明治大学短期大学のホームカミングデーの式典に朝一は参加しており到着が遅れました。

12時過ぎについたときには売り子のくまじょい先生がすでに数十冊売っておりました。ああ、百戦錬磨のくまじょい先生に売り子頼んでおいてよかった。。。 

ともあれお疲れさまでした!!

たぶん20冊くらいはわたくしのお友達が買ってくれたと思います。ここぞというときに買ってくれたお友達のことは決して忘れません。本当に応援してくれてありがとう。

これからも継続していけるように頑張ります♡

 

おまけ。

f:id:mizutamaa:20171024083059j:plain

f:id:mizutamaa:20171024083111j:plain

 TFFさんのコミキャス置いてました!即売会などのオフラインと続きはwebでをつなげるマシーンです!前日にぜーはーいいながら書いたことのない四コマ漫画に頭を悩ませていました。合コン話が受けてよかったです。そしてこれほしい。。。買わなかった人にもチラシとして持っていってもらうと印象に残ったみたいです。

ポチっとなもプリントしてるもわたくしが書きました。。。

10/22技術書典3に「き42」にて出展

f:id:mizutamaa:20171019135242j:plain

techbookfest.org

エンジニアやクリエーターが各々の技術の同人誌を作って販売する技術書典3に出展します!いつも行っているSmipsエンタメと知財分科会からのスピンオフです。

目指せ!商業誌!

f:id:mizutamaa:20171019135246j:plain

内容としては

弁護士・中小企業診断士・大学教授・実務家など8人の方たちに「技術と法律」で今思うことを書いてもらいました。技術と法律を基軸に様々な方面へのトピックに触れることができたのではないかと思います。

お値段は破格の1000円!小難しい話から、身近なハッカソンのトピックまで、知的好奇心が揺さぶられること間違いなしです。

 

来れない方には通販もご用意しています。

studycode.booth.pm

技術書典3「お金にまつわるリエンジニアリング」リンク集

参考書籍 

リエンジニアリング革命―企業を根本から変える業務革新

リエンジニアリング革命―企業を根本から変える業務革新

 

  

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

 

  

アーキテクチャと法―法学のアーキテクチュアルな転回?

アーキテクチャと法―法学のアーキテクチュアルな転回?

 

 

CODE VERSION 2.0

CODE VERSION 2.0

 

  

魔法の世紀

魔法の世紀

 

 

 

FinTech大全 今、世界で起きている金融革命

FinTech大全 今、世界で起きている金融革命

 

 

関連リンク 

1、

 2、

youtu.be

3、

www.mirasapo.jp

4、

http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170508001/20170508001-2.pdf

5、

www.immi-moj.go.jp

6、

www.kantei.go.jp

7、

www.immi-moj.go.jp8

8、

法務省:平成28年における外国人入国者数及び日本人出国者数等について(速報値)

9、

jp.usembassy.gov

10、

www.businessinsider.jp

※NoMapsでの動画が後日配信される予定なので、後から追記します。

11、

www.bunka.go.jp

12、

koyamachuya.com

13、

www.ldh.co.jp

 

以下は私が寄稿させていただいた記事です。

非エンジニアがハッカソンに出るモチベーション、チームビルディングについて考えてみた|CodeIQ MAGAZINE

codeiq.jp

永江一石さんが語った、WebメディアにおけるSEO著作権、その利活用例とは?|CodeIQ MAGAZINE

codeiq.jp


Startup Weekend岡山で学んだ「地方で起業家やエンジニアのコミュニティを作るコツ」とは|CodeIQ MAGAZINE 

 

codeiq.jp

 

【告知】10月のイベントと勉強会

あっという間に10月です。今日から札幌へNoMapsに参加しています。10日からのビジネスカンファレンスは様々な方との交流ができ、東京以外での交流の大切さを感じます。 

f:id:mizutamaa:20171011085006j:plain

さて10月はいろいろイベントがあります。

10/14 オーガナイザーをしている知的財産マネジメント研究会Smipsエンタメと知財分科会は翻訳家の山形浩生さまをお迎えして「エンジニアと法律家をつなぐcodeとお互いを学べる書籍」というテーマでお話しをいただきます。今回に限り13時から開始になりますのでご注意ください。

www.facebook.com

10/22 情報技術に関する同人誌の即売会、技術書典3に出展します。「技術と法律」というテーマで共著の本を頒布いたします。予価1000円、絶賛原稿書き中です。応援いただけますと幸いです。

techbookfest.org

 

10/25 運営委員をしております知財立国研究会の年に一度のシンポジウムがあります。東大の玉井教授や元コカ・コーラの足立さんなど話題の方がたくさん登壇します。どなたでもお気軽にご参加いただけますのでふるってご参加ください。

chizairikkoku.com

11/27 Smipsのスピンオフとしてエンジニアと法律家をつなぐStudyCode勉強会をはじめました。弁護士や行政の方、エンジニア側の人双方からお話ししていただいて互いに勉強する会となっております。事前申込制となっていますので下記ページをご参照ください。

studycode.connpass.com

 

寒くなってまいりましたがどうぞお体にはご自愛ください。

IoT女子とはいかに。DMMでIoT女子を集めたイベントに参加しました。

dmmcj.connpass.com

f:id:mizutamaa:20170915115414j:image

 

飛ぶ鳥すべて叩き落とす勢いのDMMさんでIoT女子会が開催されました。

お1人目矢島佳澄さんのプレゼン

otomedengeibu.com

vimeo.com

学生時代からの創作と、ミラノサローネでのご経験をお話しされていました。
パナソニックさんと出展。

 

www.youtube.com

 

お二人目。.makeのおねーさん。

フランスCES

起業家をフランスに呼ぼうとしていることを本当に感じられた。
スタートアップ支援をフランス全体が本気出してる。

sidoリオンで開催
.makeでは日の丸書いたら集客よくなった

∞mbrella=リアルタイムの天気をシェアする傘

Station =プライベート資本で作ったすっごい大きなインキュベーション施設

104=アートのインキュベーション

42=4万人の応募に700人しか通らない無料のプログラミングスクール、本もないけどググったりしてこなす。

--

なかなか聞けないお話しですごい有意義だったのでもう一回聞きたいくらい!

交流会ではわたくしが開いているFacebookグループweb / IT系女性のための勉強会・イベント情報 に入っている方であれ見てハッカソン出て賞もらったんですよーって言ってもらえてすごくうれしかったです。

このグループは新井さんいろんなイベント行ってて楽しそうなので、面白そうなイベントあったら誘ってくださいと言われたのですが、もはや誰から言われたのか?になってきたので作ったグループです。

誰でも投稿できますが、登壇者がすべて男性で、内容も女性に何ら関係なかったりすると反応が悪いですね^^;

 

20171001発売 サンスポさんの記事の補足

10/1発売のサンスポさんに取材記事を掲載していただきました。
かわいく撮っていただいてよかった^^

 

紙面ではどうしてもお伝えしきれなかった部分がありますので補足です。

NYOTAIMORITOKYOはビジネスとして出張女体盛りサービスを展開したいということでご紹介をいただいてお手伝いさせていただいているパフォーマンス集団です。

nyotaimori.booth.pm

お仕事として活動していくうえで法的なことや、細かい雑用をやらせていただいています。なので、フェチとして女体盛りをしているわけではありません。

 

彼女たちのようにお仕事としてやっていきたいという志がある方や、こういうフェチがあるけどもマイノリティとしてどこかに埋もれている人がいたら他にも趣味人はいるんだよ!とイベントしたり情報発信活動している人はとても応援しています。

フェチ東京は起業家育成イベントで作ったプロダクトです。最近はめっきり活動していませんが、人の紹介などは行っていますのでお仕事のお話しお待ちしています^^

9/25エンジニアと法律家のための勉強会を始めようと思う

f:id:mizutamaa:20170913173645j:plain

FNO2017で食べたPARIYAのキャラメルアイス。いつもおいしい

 

studycode.connpass.com

どうしたら自分の思い描く世界ができるのかと思って試行錯誤した結果、勉強会を開くことにしました。

「あの人に相談したらどんな変な事業でも偏見なく聞いてくれる」と言っていただけることがありまして。そんなの当り前じゃないかなと思ったらどうも鼻で笑う方がいらっしゃるらしい。

もはやなくてはならないwebやITシステムの現場ではどんどん技術が変わっていく。その技術が海外では当たり前で英語の論文読んで学習する人も。結局のところ、今どんなことができて、日本の仕組み上何を変えるべきなのかエンジニアの現場と法律の現場は実務者レベルでもっと触れ合うべきなのではないかと思った。

ネットで調べた知識でこの資格がないとできませんか?とか、海外では可能なんですが日本だとこんな規制があってとかという質問をよく受けます。

必ず守らなきゃいけない規則はあります。人の生命身体にかかわるならば安全第一です。でも技術が進んで、それはもう規制しなくてもいいんじゃないかな?というグレーエリアのビジネスについては表の世界でお話ししていいと思いますし、官庁も気づいています。

テクノロジーが新たなビジネスを生み出そうというときに、○○という法律があるからできないという説明は生活をよくするために作られた法律の意味を成しません。

ということで、法律に興味あるエンジニアさん、実際のところどう作っているのかの話を聞きたい法律家さんのご参加お待ちしています。