読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/9ライター交流会&トークセッション「理想の職業!? 女性ライターの働き方」

ライター 勉強会 メディア

contentz.jp

 

#ライター交流会

 登壇者はこちらの4人

小川たまかさん(お)、紫原 明子さん(し)、佐野知美さん(さ)、田島里奈さん(た)。田島さんがノオトの方で司会進行です。

abcd

 

(し)離婚して仕事が増えた。キャラが大事。

子どもがいて、いっぱいいっぱいまで働いて倒れてしまった。

 

(さ)佐々木利直さんのところで1本500円から始め、ポートフォリオを作っては他の編集部に持って行った。

 

Q2

執筆や編集を職業としていて、「女性ならでは」の苦労はありますか?

(お)一回あっただけのクライアントでいいよってくるおじさん

(し)バズりやすいのは30代男性がターゲット男の子回帰のところ。

汚れた女性の話しは読まれにくい。

男性エッセイストっていない。

 

Q3執筆や編集は女性にオススメの職業ですか?また、フリーランスと会社員どちらの方がおすすめですか?

(し)単著があるならまだしもコラムだけで食べていくのは無理。

ネタにも枯渇してくるときに淡々とOLの仕事ができるのは気が楽。

 

(し)インフルエンサーの女性は汚れ仕事。

AVキャバクラなどから

企業からはこういう人に頼みにくい。汚れ仕事じゃないインフルエンサーがポコッと空いている。広告案件はホントに単価が高いので、安易に汚れに走らないほうがいい。

 

 

Q4ライターの女性、もしくはこれから執筆や編集を職業とする女性に伝えたいことや、キャリアプランのアドバイスなどあれば。

(お)性暴力の記事など全然お金にならない。

(さ)フリーの時は1本MAXで2000円、そこから専属になって5万10万、そこからしばらくして1本1万の記事仕事が降ってきた。とはいえ「灯台下暗し」はお金が発生していなかった、やってみたいものだったから。

今だと思うときは逃してはいけない!

(さ)そう思います(笑)

 

 

contentz.jp